discover 大雪

DISCOVER 大雪 番組概要

コロンビアスポーツウェアと上川町が共同で制作するTVミニ番組。
大雪国立公園を有する自然豊かな北海道上川町の悠然とそびえ立つ山々、緑深く静かに広がる森、圧倒的な紅葉、とうとうと流れる川など、上川町の自然を存分にみせながら、この土地に暮らす人や携わる人々を通して、雄大なアウトドアアクティビティを紹介していきます。

放送日

毎週木曜日 夜8:54~9:00 北海道テレビ放送(HTB)にて放送中

2021.12.23
第二十六回

層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典

層雲峡温泉氷瀑まつりは2021年で47回目を迎える冬の北海道三大イベントです。層雲峡観光協会の岩本さんは、この歴史ある祭典に力を注いでいます。

写真1 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

メインの氷像は、横幅50mの高さ14メートル。骨組み自体は、4、5人で1ヶ月間かけて全部作ります。そこに水を吹きかけ、木にあたった雫が垂れていって氷柱になります。その氷柱が長くなると下について柱となり、それがどんどん隣同士がくっついて壁になります。

写真3 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪
写真4 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

氷像を作るのに費やす期間はおよそ1ヶ月半。手間ひまかけて作り出された壮大なアートは、匠たちによる結晶の証です。

写真5 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

風や気温によっても氷の色が変わります。例えば水をくみ上げる場所一つとっても変わるので、自然が作り出す造形は人工的なものとは一線を画します。

写真6 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

氷像作成に重要なのは水。それには石狩川の水を使っています。氷なので溶けた水は元の川に戻ることもありますし、限られた資源なので循環型の取り組みを行っています。ここでは、イベントだけでなく、全ての取り組みを循環型で進めようと考えられています。

写真7 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪
写真8 | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

訪れた観光客に「冬のイベントでは一番すごかった」と言ってもらえるのが一番嬉しい瞬間です、と岩本さんは語ってくれました。

岩本 昌樹(いわもと まさき) | 第二十六回:層雲峡温泉氷瀑まつり幻想的な冬の祭典 | DISCOVER 大雪

岩本 昌樹(いわもと まさき)